全身脱毛は秋冬に始めるといい?脱毛と日焼けの関係

秋冬は肌を露出しないので日焼けもしない

脱毛施術は夏前ではなく秋冬に始めるといい、と言われています。なぜ肌を露出する機会が増える夏前ではないのかというと、夏の日差しに理由があります。脱毛施術は毛穴までレーザーの光を当ててムダ毛を処理するので、毛穴はもちろん肌もとても敏感になります。毛穴が開いている状態だと日焼け止めを塗布していても色素沈着を起こす可能性があるため、施術中はなかなか肌を露出することは出来ません。ですから、あまり肌を露出する機会の少ない秋冬に脱毛施術を始めることで夏前にはすっきりとムダ毛のない美肌になっておしゃれを楽しもう、という意味もあります。肌が敏感になった状態をカバーするために夏にも関わらず肌を出さずに我慢をする必要ないですし、秋冬はムダ毛があっても服で隠すことが出来るので脱毛施術を受けるにはもってこいの季節です。

秋冬は夏よりも日差しが優しい

脱毛施術と日焼けは切っても切れない関係がある、と言ってもいいでしょう。まず、前提として日焼けをしていると脱毛施術を受けられないということがあります。これはレーザーが黒い色素に反応してムダ毛を処理するため、日焼けをしていると肌にレーザーが反応してしまいます。そのためきれいにムダ毛を処理出来ない可能性があるほか、肌をレーザーで火傷してしまう可能性もあるのです。脱毛施術を受ける前と受けた後は、できるだけ日に当たらないように肌を保護しておきましょう。そうすることで肌が敏感になっている状態で日焼けをせずにすむので、施術を受けることも施術後に色素沈着になることもありません。秋冬は日差しが夏よりもずっと優しいので、安心して過ごすことが出来るでしょう。もちろん肌を守ることを怠ってはいけませんが、肌を露出する時期までにムダ毛を処理出来るという大きなメリットがあるので秋冬に脱毛施術をすることをおすすめします。