いよいよ照射!肌状態のチェックから冷却まで

全身脱毛の施術の種類について

全身脱毛には、脱毛クリームの塗布をはじめ、光を当てるフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛など様々な種類があります。施術方法を選ぶ基準は、患者の皮膚の状態により決まるでしょう。脱毛クリームは、肌へのダメージが小さく、医療機器も不要で手軽にできて便利ですが、永続的な効果は期待できません。フラッシュ脱毛は、広範囲に渡り一度に脱毛できて効率的と言えるでしょう。ただし、脱毛クリームと同様に、施術後しばらくするとムダ毛がまた生えてくるでしょう。毛根から根絶するには、医療レーザー照射が効果的です。ただし、肌の弱い患者には、刺激の強いレーザー照射が適切とは言えません。地肌が黒かったり、日焼けしたりしている患者も、レーザー照射装置によっては火傷をしやすく不向きな場合もありますが、黒い肌用のレーザー照射装置も開発されています。

肌のチェックから照射までのプロセス

医療レーザー脱毛は、費用が高く施術期間も長期にわたりますが、永久脱毛が可能なため、患者には人気があると言えるでしょう。レーザー脱毛を希望する患者は、まず肌のチェックをして、レーザー脱毛に向いているか確認します。レーザー脱毛に耐えうる肌であると判断されたら、施術計画を立てて、来院期日を決めます。全身脱毛の場合、皮膚へのダメージが回復する期間を考えて、一定のブランクを空けなければなりません。

施術の日は、照射部位に傷や腫れがないかチェックしてから、レーザー照射します。レーザー照射中は、肌が熱を持って痛みを伴うことが多いため、冷風を送って冷却する処置が施されます。場合によっては、麻酔をすることもあるでしょう。いずれにしても、痛みを相当程度抑えることが可能です。照射後も冷たいタオル等を当てて肌を冷やし、熱が冷めるのを待ちます。照射で処理しきれなかったムダ毛は、次回に施術して根絶してもらえるでしょう。