まずは敵を知るべし!脱毛に欠かせない毛周期の知識

そもそも毛周期とは?

全身脱毛を受ける上で必ず知っておきたいのが「毛周期」です。人の体に生える毛は自然と生えたり抜けたりを繰り返しています。この毛の生え代わりのサイクルを毛周期というのです。毛周期は成長初期・成長後期・退行期・休止期と4段階に分かれています。成長初期は毛母細胞が毛乳頭から栄養を吸収し、細胞分裂を繰り返していく期間です。成長初期の毛根から生える毛は、まだ肌の表面には表れていません。成長後期はさらに毛が成長し、肌の表面に毛が現れてきます。その後、退行期に入ると細胞分裂がストップし毛が抜ける準備期間に入ります。最後の休止期になると毛根から離れた毛が完全に抜け落ちます。近年、人気のレーザーや光脱毛は成長初期から後期の毛根に対して有効です。

毛周期は体の部位で異なる

実は毛周期、体の部位によって期間が異なるということをご存知でしょうか。例えば脇の場合、成長期から退行期までの期間が約4か月ほど、そして3か月の休止期に移って毛は抜け落ちるというサイクルになっています。VIOは脇よりも成長期間・休止期期間は長くなり成長期間は1年から2年ほど、休止期は1年から1年半ほどです。VIOの毛は約2年から3年ほどのサイクルで、毛が生えて抜け落ちるようです。レーザーや光での全身脱毛は成長期間の毛にしか効果はないので、毛周期を考えて施術を受ける必要があります。全身脱毛の場合、2か月から3か月おきに施術を受けるのがベストのようです。効率的に脱毛を行いたいなら2か月から3か月おきに、予約できるクリニックやサロンを選ぶと良いでしょう。